「気」カラダ中には「気」というものが流れています。

 

カラダの中の働きの全てがこの「気」により稼働していると中国医学は考ます。だから、血流そのものも「気」により行われると考えるのです。

現代医療の常識がまかり通る現代社会ではちょっと笑えちゃいのかもしれません。

 

ところが、気功を学べば学ぶ程、面白いことに「気」の存在や働きに共鳴せざる負えないことが多々あるんです。

 

「気」というものが滞ると、そこには血行不良や体調不良が存在します。気が病になることを「病気」と言います。

「気」は川の流れと同じように滞ると濁ってしまうのです。

「気」の「病」を改善するには気の流れの滞りを改善し、十分に気を流させる事です。

 

「気」の存在を否定する方もこう考えてみて下さい。

「気」が実在すると仮定します。

血流が気の働きに依るものと先程も述べました。

ということは血流と気の流れはイコールなのです。

 

カラダの中の血流を良くすると殆どの体調不良に対応出来るのは現代医療でも常識でしょう。

 

だから、「気」の流れを良くする。

 

それが、気功療法師の仕事です。